So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

MY HEART WILL GO ON ... [つぶやき]

201206140400.jpg

今日は店で行っている大人のクラブ活動の一つ『enSAMble mU_Usica』の第3回発表会でした。
そして今日は私にとって大きな気づきがあった1日でした・・・。
今日のこの気づきを忘れないために、ここに書き記しておきたいと思います。


前回の記事でもアップしましたが、店で行っているカフェ・ギャラリー・ライブ・レッスン、そしてクラブ活動を通して、
また、店で出会う様々な方々との交流やその方々のご活躍などを拝見していて、ここのところとても気になっていたことがありました。


それは
「人に感動を与えると言うことはどういうことなのか?」
「伝える、伝わる、とはどういうことなのか?」
と言うこと。

感動を与えられるものとそうでないもの。
みんなを惹きつけてやまないものとそうでないもの。
この違いは何だろうか・・・。


そして今日のこの日、私の心に「!!!」マークがピカピカと点滅した一連の出来事がその答えを導いてくれました。


今日は出勤前に珍しくテレビをつけていたのですが、そこではNHK杯で優勝した高橋大輔選手の演技が映し出されていました。
忙しい出勤前の時間なのに、これから自分たちも本番を控えているのに、高橋選手の演技にはついつい魅入ってしまっただけでなく、思わず心をグッと掴まれてしまう感動がありました。
テレビの中に映っているその場にいた観客が、その時目の前で繰り広げられる高橋大輔選手の演技に惹きつけられるのはわかります。
でも、テレビの前でしかも録画で見ている私に与えられたこの感動はなんだろう・・・。


そんなことを思いながら店に向かい発表会本番。
曲は「アリラン」「海そしてうみ」「青い山脈」「情熱大陸」の4曲でした。
実はこのアンサンブル、先生のご指導があるのは月1回のみ。それ以外は週に1回集まれる人だけ集まって
自主練習を開催します。今まではこの週1回の自主練習の開催もまちまちでした。
ところが、先生から課題曲「情熱大陸」を渡されたとたん、メンバーのハートに火が付き、それ以来ほぼ毎週のように自主練習を積み重ねてきました。
そして今日の本番のフィナーレを飾ったのがこの「情熱大陸」だったのです。
4曲の中で一番盛り上がり拍手もたくさんいただきました。
終わった後にメンバーの1人が「この曲を練習するとずっと頭から離れなかったことが多かった」と言うと、ほぼ全員が口々に同意していました。
だからこそ曲が終わり本番が終わると同時にメンバーの胸にグッとこみ上げるものがあったようです。
そして終了後に先生からのコメントの中で、完成度としては青い山脈が一番高かった、けれども、
情熱大陸の曲になったとたん空気が変わったんです、すごく伝わってくるものがありました、と・・・。


そして発表会本番が終わり、一区切り付いた安堵感と疲労感とともに帰宅するとテレビでセリーヌ・ディオンの故郷ケベックでのコンサートの番組がやっていました。
さすが故郷ケベック、野外コンサートでしたが会場は超超超満員。はじまりから終わりまでファンの熱狂はすごいものがありました。
そして大スター、セリーヌ・ディオンのすばらしいことすばらしいこと。歌も演出も衣装も・・・何より本人が輝いているのです。
スレンダーなボディに合った衣装と今にも折れそうなくらいのピンヒールで広いステージを動き回ってのファンサービス。
汗一つかかず、熱唱と笑顔でステージを盛り上げ、衣装替えの一瞬以外はほぼノンストップで歌い続けます。
さすが大スター!
そんな大スターで居続けること・・・想像を絶する努力が無ければ出来ないことでしょう。
それを出来るのもきっと誰よりも強い意志があるからに違いありません。

そしてコンサートの盛り上がりも絶頂、アンコールの最後から1曲前があの「My heart will go on」でした。
十数年前に3人に1人は見たと言うあの映画「タイタニック」の主題歌です。

実はこの金曜日に店では琴と尺八のライブを開催しました。
そこでこの「My heart will go on」を琴と尺八で演奏してくださったのですが、タイトルを説明しようとした英語がニガテという尺八奏者に調弦をしながらお琴奏者の方が英語の意味を伝えていました。
その中でこのタイトルにある「will」は「意思」のwillだと思うよ、と。

そんなことを思い出しながらセリーヌ・ディオンの熱唱を聴き終えるとステージはフィナーレ。
タイトルは忘れましたがフランス語で「ミラクル」と言う感じの曲だったかと思います。
歌う前に曲の説明で、自分にも起こったミラクル、強い意志を持ち続けて、みんなにも起こるはず、と言うようなコメントがあり・・・。


ここで今日の一連の流れ、私の心に響いたすべての出来事が繋がりました。
あぁ、そうか・・・人に感動を与える、とか、伝わるということは

如何に 「強い意志を持ち続けている」 か、

ということに起因するんだな、と。


まさに My heart will go on ・・・。


ポジティブであれネガティブであれ、強い意志を持ち続けているとそれが伝わる。
そして現実化する、ミラクルが起こる。


でも、 意思 ではなく、意志 です。


ただ思いを持ち続けても伝わり現実化すると思いますが、高橋大輔選手にしてもセリーヌ・ディオンにしても、ただの「思い」ではなく、強くて積極的な思い「意志」があったからこそ、あれだけの感動を与えたのではないでしょうか。


私にとって、とてもとても大きな気づき。今まで気になっていたことの答えがやってきたのでした。
そして、これに気づいた今日から、強い「意志」を持つこと、意識してやっていきたいと思います。
セリーヌ・ディオンの言葉…「自分を信じて」と言ってました。
そう、これ大事だ。備忘録。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。